スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足袋

真っ白な半襟と足袋。このふたつの白がピッと効いてこそ映える着物姿。
なので、個人的には色の半襟や柄の足袋ははきません。
着物の色や格に合わせて、半襟を多く見せたり狭くしたり。
顔周りの半襟の白色の割合で顔映りも変わってくるので楽しいですよ。
ところで、足袋はわたくし、生徒の皆様にはストレッチの足袋をオススメしています。
着物を着たての頃、喜んで京都のとある足袋屋さんで寸法を細かく測って
お誂えで作っていただいたこともあるのですが…
踊りや舞をされている方たちは、やはり床と足の感覚が良いとの事で
お誂えの足袋を愛用されている方々が多いですよね。
ですが、私、ぜーんぜんそういうことは気になりません。(笑)

足袋

ストレッチ足袋は汚れが落ちやすいし、ブルーがかった白の合繊なので色ぐすみしません。
ポリエステルなので、乾きも早い。
過酷な労働のお茶会で一日中履いていても指先が痛くならないし、いいことづくめ!
夕方足がむくんでも、ある程度伸びてくれるから問題ナシ。
ポイントは少し足より小さめのものを選ぶこと。
伸縮性があるので、小さめの方がぴったり足にフィットします。
案外足袋の裏の汚れは目立ちますから、まめに手洗いして
真っ白な足袋を保つように心がけます。
スポンサーサイト

テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。